Travis CIでAndroidアプリをビルドしてDeployGateに置く

継続的インテグレーションAndroidでもしたい!ということで、

ここらへんを使い、

  1. GitHub(Publicリポジトリ)にPUSH
  2. Travis CIが動いてapk作成
  3. apkをDeployGateにアップロード
  4. DeployGateアプリが入っている端末に通知が行く

ということを実現したいと思います。

対象は、現在全リファクタリング中のこちら。

https://github.com/noboru-i/kyouen-android/tree/renew

.travis.yml の設定

language: android
env:
  global:
    # deploygate
    - DEPLOYGATE_USER=noboru-i
    - secure: "SOev0rrhdJ6fp5CkJeQAh6mm6EmmWEWCVrSt7hn3mvjSbaz/yKdmiGsHp8NcTeLZrXuk6ay6mFee3TVqsT17Xn5+cGG5nnWFPqI2Os3AlSWdHkhLrv8f3KdfwJeTiBSymw4TDWSd/kVCB42q51BdnODda+GozCymA6qoZpf/GQs="
    # secret_strings.xml
    - secure: "ZXnouETJ67n/DCjCFPdWoIm3eo0WsYhfuy9Y25IjYn6gij4F8v038bjYr+Z5QBsnLri1mU0QQeNy14cPaaYBoblTsmPm0cZ+Vv0wmYgAkVc2C+E67k/YUAD0puvUzUGsQ1z6N7gQ0tFjL4l4map/4iEkGtney6OYdyuljE75D2g="
    - secure: "Sqi+dwZcd6qGpBLYUq+deqQBSX056N0eoQ9RfMjWB7gG/WfQn4XQaTF13jKdqp0MKzRj8P61uunoxZIpHNYNWeqzxfIpXKrzOdGv85r8PnbjDgH87N22ufqwPdbfAVydUEPP8hEEJ5vbCN2Fyoq1CHPNjwBpMIiD27LMVjiytn8="
    - secure: "iUO0ldYPT3jYjoRafH0Milc3DNhgqzZQGk7tFkvg7WPF+YPEYDOMjwmhY0kTDjbxU+iqkHE7WOL66MtJSlvTJjNfs2uWqrXrmgMAXLusbRukscJmL2ZwGhNwBi4tOOl4V1FO8NRqYcdRkkHgJRUXyKAafLrdNePVm7uWUwjl2e0="
    - secure: "PCeJAQ8/XrDWktlTbKtJLCcjhjOfsw/tcPPCrG1urvQMJrgzi6m6pTWo62RSpWVo1iYePiqvDgPGACrT082vtnoJ7TJ3FZEhty1xsDUhDBJ9qvmHEPpxLrtLGwZ1+doT/yxinQAqqucx8vsFJcTh8zOrGLknwEvqxhNj5HHKzkg="
    - secure: "MyGGNdkyv+qEf8yhORcSzjsHbDjT2yILka/aMYgInt0oyF3T6O6JwwRvrXHEulPVHWsWu4LCxX8e3HeyyQ0OkIjc67nwIsajCDwDlVUcnkjqyV3r9xPn0HlltwvS63QuQGln6NQIUBk9nVIuaA+vno7bod1Px0VESu9kDgUiqgI="
notifications:
  email: false
android:
  components:
    - build-tools-19.1.0
    - android-19
    - sysimg-19
    - extra-android-support
  licenses:
    - android-sdk-license-5be876d5
    - '.*intel.+'
before_install:
  - android list sdk --no-ui --all --extended
script:
  - ./gradlew uploadDeployGateDebug

env.globalには下記を記載しています。

  • deploygateの設定
  • secret_strings.xmltwitterのsecret tokenなど)の設定

作成については、下記のコマンドで。

travis encrypt GCM_SENDER_ID=9999999999999

これを、後述のgradle taskでxmlに書き込みます。

Projectのbuild.gradle

// Top-level build file where you can add configuration options common to all sub-projects/modules.

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.12.+'
        // deploygate
        classpath 'com.deploygate:gradle:0.6'
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

DeployGateのgradle pluginをここで設定しています。

アプリのbuild.gradle

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'deploygate'

android {
    // Error:duplicate files during packaging of APK /XXX/app-debug-unaligned.apk 対策
    packagingOptions {
        exclude 'META-INF/license.txt'
        exclude 'META-INF/notice.txt'
    }

    compileSdkVersion 19
    buildToolsVersion "19.1.0"

    defaultConfig {
        applicationId "hm.orz.chaos114.android.tumekyouen"
        minSdkVersion 12
        targetSdkVersion 19
        versionCode 18
        versionName "0.10.0"
    }
    buildTypes {
        release {
            runProguard false
//            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
    lintOptions {
        abortOnError false
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile 'com.android.support:support-v4:19.0.+'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:19.+'

    // deploygate
    compile 'com.deploygate:sdk:3.1'
}
apt {
    arguments {
        androidManifestFile variant.processResources.manifestFile
        resourcePackageName 'hm.orz.chaos114.android.tumekyouen'
    }
}

deploygate {
    userName = "$System.env.DEPLOYGATE_USER"
    token = "$System.env.DEPLOYGATE_TOKEN"

    apks {
        debug {
            sourceFile = file("${project.buildDir}/outputs/apk/app-debug-unaligned.apk")
        }
    }
}

uploadDeployGateDebug.dependsOn assembleDebug

task secretKeyReplace {
    description 'Replace secret keys from system environment.'
    doLast {
        def filePath = "app/src/main/res/values/secret_strings.xml"
        def br = new BufferedReader(new FileReader(filePath))
        def lines = br.readLines()
        br.close()

        // key情報の抽出
        def secretKeys = new HashSet()
        def rExpression = /INPUT_YOUR_([A-Z_]+)/
        for (String line : lines) {
            if (line.contains("INPUT_YOUR_")) {
                def matcher = (line =~ rExpression)
                secretKeys << matcher[0][1]
            }
        }

        // 文字列の置換
        def newLines = new ArrayList<String>()
        for (String line : lines) {
            String newLine = line
            for (String key : secretKeys) {
                if (!System.getenv()[key]) {
                    continue
                }
                newLine = newLine.replace("INPUT_YOUR_" + key, System.getenv()[key])
            }
            newLines << newLine
        }

        def pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(new FileWriter(filePath)))
        for (def line : newLines) {
            pw.println(line)
        }
        pw.close()
    }
}

preBuild.dependsOn secretKeyReplace

buildToolsVersion は、最新が20.0.0だけど、ymlに書いた android-sdk-license-5be876d5 がまだ対応してないようなので、19.1.0になってます。

deploygateタスクの設定(ユーザ名 / パスワード)は環境変数から取得しています。
環境変数への設定は.travis.ymlに書いてあります。
DEPLOYGATE_TOKEN も、暗号化して書いてあります。

secretKeyReplace taskで、secret_strings.xmlにある、"INPUT_YOUR_XXX"を取得、その"XXX"をキーとして環境変数を取得、replaceして同じファイルを置き換えます。
きっと、もっと良いやり方あると思うんだけど、ググっても出てこなかったので、力技です。
Publicリポジトリにキー情報は置けないけど、Travis CIでapkを作るときには必要。みんなどうやってるんだろう?

まとめ

というわけで、GitにPUSHするとDeployGateでアプリが配布されるところまで出来ました。

Publicリポジトリに置けない認証情報を設定する方法が、あんまりいけてないのはなんとかしたいところ。

あとは、テストコード書いて、リグレッションテストを回していきたいと思います。
Robolectricを使うつもりで書いてるので、まとまったらまた書こうと思います。

CocoaPodsでインストールしたのにヘッダが file not found

何故かpod installしてあるのに、 いろいろな書き方でやってみたけど、どれもヘッダがnot foundになってしまった。

#import "AFNetworking.h"
#import <AFNetworking.h>
#import "AFHTTPRequestOperationManager.h"
#import <AFHTTPRequestOperationManager.h>
#import <AFNetworking/AFHTTPRequestOperationManager.h>

よくよく考えると、とりあえずpod installだけしてあって、その機能を使おうとしたのは初めてだった。

いろいろ探してると、

objective c - iOS - Build fails with CocoaPods cannot find header files - Stack Overflow

こんなのを見つけた。

なので、それを設定しようとして、その画面を開いたら、

f:id:suzaku114:20140511023631p:plain

そんなもん無いんですけどー。。。

で、既にあるプロジェクトファイルといろいろ見比べたけど、それっぽい違いが見つからない。

そもそもどうやったら、ここに表示されるものが出来るのか調べたら、

複数のTarget/Configurationを持つiOSプロジェクトの構成Tips - やらなイカ?

こんなの見つけた。

で、動いているプロジェクトには「Pods.xcconfig」があるのに、今のプロジェクトには無い。

Pods/Pods.xcconfig のものをインポートしているようだったので、同じようにプロジェクトに追加したら動いた!

なんで無くなってたんだろう。。。

Bootstrap3ベースの管理画面を作る

  • ruby 2.1.1
  • Rails 4.1.0
  • bootstrap-sass 3.1.1.1
  • devise 3.2.4

まずは、Railsアプリケーションの作成。

  • irkitというプロジェクト名
  • unit testをスキップ
  • データベースはsqlite3
  • bundle installを行わない
rails new irkit -T -d sqlite3 --skip-bundle
cd irkit

とりあえず、git管理下に置きましょう。

git init
git add .
git commit

Gemfileに下記を追加します。

# 認証処理
gem 'devise', '~> 3.2.4'

# bootstrap
gem 'bootstrap-sass', '~> 3.1.1.1'
gem 'bootstrap-sass-extras', '~> 0.0.6'

vendor/bundle以下にbundle install。

bundle install --path=vendor/bundle

.gitignore に下記を追加します。

/vendor/bundle

また、一旦gitにコミットします。

git add .
git commit

deviseの設定を行います。

rails generate devise:install
rails generate devise user
bundle exec rake db:migrate

rootページが必要なので、controllerを作成します。

rails generate controller welcome index

config/routes.rb にコメントがたくさん書いてあるのを消して、下記のようにします。

Rails.application.routes.draw do

  root 'welcome#index'

  devise_for :users

  get 'welcome/index'
end

app/controllers/application_controller.rb を下記のようにします。

class ApplicationController < ActionController::Base
  # Prevent CSRF attacks by raising an exception.
  # For APIs, you may want to use :null_session instead.
  protect_from_forgery with: :exception

  before_action :authenticate_user!
end

とりあえず、一回サーバを起動してみます。

rails s

http://localhost:3000/ にアクセスして、 http://localhost:3000/users/sign_in にリダイレクトされ、認証画面が出て来れば、とりあえずOKです。

次に、bootstrapの設定です。
app/assets/stylesheets/application.css を application.css.scss にリネームし、下記を追加します。

@import "bootstrap";

app/assets/javascripts/application.js のrequire部分を下記のようにします。

//= require jquery
//= require jquery_ujs
//= require turbolinks
//= require bootstrap
//= require_tree .

bootstrapの設定を行います。
app/views/layouts/application.html.erb がコンフリクトしていると言われますが、y で。

rails g bootstrap:install
rails g bootstrap:layout application fluid

エラーメッセージがぎりぎりに出てくるのが嫌なので、application.css.scss で全体的にずらします。

body {
  padding-top: 70px;
}

というより、deviseの画面でメニューとかが出てるのがおかしいので、layoutを変えます。
app/controllers/application_controller.rb を下記のように変更します。

class ApplicationController < ActionController::Base
  # Prevent CSRF attacks by raising an exception.
  # For APIs, you may want to use :null_session instead.
  protect_from_forgery with: :exception

  before_action :authenticate_user!

  layout :layout_by_resource

  protected

  def layout_by_resource
    if devise_controller?
      "devise"
    else
      "application"
    end
  end
end

app/views/layouts/devise.html.erb を作成します。
基本的には、app/views/layouts/application.html.erb をコピペ。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge,chrome=1">
    <%= viewport_meta_tag %>
    <title><%= content_for?(:title) ? yield(:title) : "Irkit" %></title>
    <%= csrf_meta_tags %>

    <!-- Le HTML5 shim, for IE6-8 support of HTML elements -->
    <!--[if lt IE 9]>
      <script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/html5shiv/3.6.1/html5shiv.js" type="text/javascript"></script>
      <script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/respond.js/1.3.0/respond.js" type="text/javascript"></script>
    <![endif]-->

    <%= stylesheet_link_tag "application", :media => "all" %>

    <!-- For third-generation iPad with high-resolution Retina display: -->
    <!-- Size should be 144 x 144 pixels -->
    <%= favicon_link_tag 'apple-touch-icon-144x144-precomposed.png', :rel => 'apple-touch-icon-precomposed', :type => 'image/png', :sizes => '144x144' %>

    <!-- For iPhone with high-resolution Retina display: -->
    <!-- Size should be 114 x 114 pixels -->
    <%= favicon_link_tag 'apple-touch-icon-114x114-precomposed.png', :rel => 'apple-touch-icon-precomposed', :type => 'image/png', :sizes => '114x114' %>

    <!-- For first- and second-generation iPad: -->
    <!-- Size should be 72 x 72 pixels -->
    <%= favicon_link_tag 'apple-touch-icon-72x72-precomposed.png', :rel => 'apple-touch-icon-precomposed', :type => 'image/png', :sizes => '72x72' %>

    <!-- For non-Retina iPhone, iPod Touch, and Android 2.1+ devices: -->
    <!-- Size should be 57 x 57 pixels -->
    <%= favicon_link_tag 'apple-touch-icon-precomposed.png', :rel => 'apple-touch-icon-precomposed', :type => 'image/png' %>

    <!-- For all other devices -->
    <!-- Size should be 32 x 32 pixels -->
    <%= favicon_link_tag 'favicon.ico', :rel => 'shortcut icon' %>
    <%= javascript_include_tag "application" %>
  </head>
  <body>

    <div class="container">
      <%= bootstrap_flash %>
      <%= yield %>

      <footer>
        <p>&copy; Company 2014</p>
      </footer>

    </div> <!-- /container -->

  </body>
</html>

とりあえず、もう一回コミットしておく。

git add .
git commit

deviseのviewをファイルに出力しておきます。

rails generate devise:views

ためしに、app/views/devise/sessions/new.html.erb を下記のように書き換えます。
(基本的に、 http://getbootstrap.com/examples/signin/ のパクリ)

<%= form_for(resource, as: resource_name, url: session_path(resource_name), html: {role: 'form', class: 'form-signin'}) do |f| %>
  <h2>Sign in</h2>
  <%= f.email_field :email, autofocus: true, class: 'form-control', required: true, placeholder: 'Email address' %>
  <%= f.password_field :password, class: 'form-control', required: true, placeholder: 'Password' %>

  <% if devise_mapping.rememberable? -%>
    <div><%= f.check_box :remember_me %> <%= f.label :remember_me %></div>
  <% end -%>

  <div><%= f.submit "Sign in", class: 'btn btn-lg btn-primary btn-block' %></div>

  <%= render "devise/shared/links" %>
<% end %>

なんとなく、それっぽくなります。

f:id:suzaku114:20140505014921p:plain

あと、jsとcssがバラバラにダウンロードされると、ログがウザいので、 config/environments/development.rb を変更します。

config.assets.debug = false

適当なモデルを作成します。

rails g scaffold command name:string json:text
bundle exec rake db:migrate
rails g bootstrap:themed commands

app/views/layouts/application.html.erb のli部分を下記に変更します。
ついでに、"col-md-3"で作成されているサイドバー部分を削除します。

<li><%= link_to "command", commands_path %></li>

あと、ボタンの文字色が変なので、app/assets/stylesheets/scaffolds.css.scss にある下記のaタグの部分を削除します。

a {
  color: #000;
  &:visited {
    color: #666;
  }
  &:hover {
    color: #fff;
    background-color: #000;
  }
}

なんとなくデータを入れると、それっぽく見えます。

f:id:suzaku114:20140505151406p:plain

とりあえず、ここまでの作業時点のタグは下記の通り。 https://github.com/noboru-i/irkit/tree/hatena-20140505

メモ取りながら開発するって、凄い疲れる。。。

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版

既にローカルでgit管理しているものをgithubにpushする

想定している状況

  • とりあえず、ローカルで開発をしていた
  • もちろん、git initして、作業毎にgit commitをしている
  • ブランチは切ってなくて、masterブランチで作業している
  • 一通り実装したので、githubに公開しようと思った
  • githubリポジトリを作ったけど、どうやってpushしていいかわからん
  • githubリポジトリを作った時の、LICENSEやらREADME.mdは残しておきたい*1

手順

github上でSSHのclone URLをコピーしてきます。
例:git@github.com:noboru-i/irkit.git

git管理しているディレクトリにて、下記のコマンドを実行します。

git remote add origin git@github.com:noboru-i/irkit.git
git fetch

これにより、origin/masterとして、github上のmasterブランチを参照できるようになりました。

なので、origin/masterを、ローカルのmasterにリベースします。*2(masterブランチをチェックアウトしている前提)

git rebase origin/master

これで、ローカルのmasterブランチはLICENSEやらREADME.mdが存在している状態になります。

なので、これをpushします。

git push origin master

f:id:suzaku114:20140505154842p:plain

一本道になりました。
一番左のコミットがgithubで自動的にコミットされたもので、それ以降のものがローカルでコミットしていたものです。
時系列はひっくり返ってしまいますが、意味的にはこんな感じでいいんじゃないでしょうか?

ちなみに、mergeしたらこんな感じに、入り口2つになったので、なんか微妙だなーと。

f:id:suzaku114:20140505154025p:plain

もっといいやり方があるような気はします。

余談

マージしてpushしちゃったあとの復旧方法は下記の通りです。

git reset --hard c62d6a3
git co -b o_master
git reset --hard e14b7566ca35c5910dd0769d3bdadb59f1499231
git push -f origin o_master:master
git co master
git b -d o_master
  • c62d6a3:1個前(margeする前)のコミット
  • e14b7566ca35c5910dd0769d3bdadb59f1499231:githubの初期コミット

なにをやっているかというと、下記のような感じ。

  • masterのマージコミットを破棄
  • o_masterブランチにて、元のorigin/master を再現し、強制push
  • masterをチェックアウトしなおし、不要になったo_masterブランチを削除

開発効率をUPする Git逆引き入門

開発効率をUPする Git逆引き入門

  • 作者: 松下雅和,船ヶ山慶,平木聡,土橋林太郎,三上丈晴
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

*1:別に、LICENSEやらを破棄していいのなら、force pushしちゃえばいいと思う

*2:日本語あってるかな?

Play framework 2でinMemory以外のDBでテストを行う

下記を買って、Play Framework 2を使っています。

テストを書こうと思って、Chapter7のFakeAppをコピーしてやってみました。

で、実行してみたところ、PostGIS関連の特殊カラム関係でエラーになってしまいました。

そのため、inMemoryDatabaseをやめて、実際のPostgreSQLを利用しようと思って、ハマりまくりました。

あと、GlobalSettingsを継承したクラスでDBアクセスしてたので、さらにわけのわからんエラーが出ました。

まず、startAppでFakeApplicationを作成。

@BeforeClass
public static void startApp() throws IOException {
    Map<String, Object> map = new HashMap<>();
    map.put("db.default.url",
            "jdbc:postgresql://127.0.0.1:5432/sample_db");
    map.put("db.default.user", "web_dev");
    map.put("db.default.password", "password");

    app = fakeApplication(map, new GlobalSettings());
    start(app);
    String evolutionContent = FileUtils.readFileToString(app
            .getWrappedApplication().getFile(
                    "conf/evolutions/default/1.sql"));
    String[] splitEvolutionContent = evolutionContent.split("# --- !Ups");
    String[] upsDowns = splitEvolutionContent[1].split("# --- !Downs");
    createDdl = upsDowns[0];
    dropDdl = upsDowns[1];
}

これで、リクエスト時のDBはPostgreSQLに向く。

あと、DDL文を実行し、テーブルを作成。

@Before
public void createCleanDb() {
    final DataSourceConfig dataSourceConfig = new DataSourceConfig(){{
        setDriver("org.postgresql.Driver");
        setUrl("jdbc:postgresql://127.0.0.1:5432/sample_db");
        setUsername("web_dev");
        setPassword("password");
    }};
    ServerConfig serverConfig = new ServerConfig(){{
        setName("test");
        setDataSourceConfig(dataSourceConfig);
        setRegister(false);
        setDdlRun(false);
        setDdlGenerate(false);
        setDefaultServer(false);
    }};

    // transactionで囲み、commitしないと反映されなかった
    EbeanServer ebeanServer = EbeanServerFactory.create(serverConfig);
    ebeanServer.beginTransaction();
    ebeanServer.execute(ebeanServer.createCallableSql(dropDdl));
    ebeanServer.execute(ebeanServer.createCallableSql("commit;"));
    ebeanServer.execute(ebeanServer.createCallableSql(createDdl));
    ebeanServer.execute(ebeanServer.createCallableSql("commit;"));
    ebeanServer.commitTransaction();
}

DROP文→CREATE文をとりあえず投げておけばOKかと思ったら、コメントで書いてあるように、transactionで囲んでそれぞれcommitしないとうまく動かなかった。

もっと普通のやり方があってもいいと思うけど、調べててもなかなか出てこなくて困った。

Play Framework自体あんまり情報が見つからないイメージ。しかも、バージョンごとに結構違ってて困る。

公式を探すしか無い印象。

テストのやり方とか、Ruby on Railsほど整ってない感じ。

とはいえ、Rubyの開発者よりはJavaの開発者の方が調達しやすいとかの関係で、Javaの案件もやらざるを得ない感じ。 (PHPは個人的に好きでない。。。)

Springもそのうちまともにやってみたいとは思うけど、「Play」だったり「Spring」だったり、なんでこんなにググラビリティの悪いものが多いんだろう。。。

chefでデータベースとかユーザとか作りたい

Vagrantで開発環境を共有したりしているのですが、

  • データベースの作成
  • ユーザの作成

とかってどこでやるべきなんでしょう?

「本来ここでやるべき」とか知ってる人がいたら教えて下さい。

とりあえず現状は、MySQLのインストールとかをchefでやっているので、ついでにchefでやってしまおうと思います。

knife cookbook create database-prepare -o site-cookbooks/
vim site-cookbooks/database-prepare/recipes/default.rb

mysql-clientのインストールと、SQL文の実行を記述しておきます。

package 'mysql-client-5.5' do
    action :upgrade
end

package 'libmysqlclient-dev' do
    action :upgrade
end

template '/tmp/mysql-schema.sql' do
    source 'mysql-schema.sql.erb'
end

bash 'apply schema' do
    code "mysql -uroot -h#{node[:database][:host]} #{"-p" + node[:database][:password] if node[:database][:host] != 'localhost'} < /tmp/mysql-schema.sql"
end

templateは下記のように。

<%
host = node[:database][:host]
name = node[:database][:name]
user = node[:database][:user]
password = node[:database][:password]
%>
<% if host == 'localhost' %>
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS `<%= name %>` DEFAULT CHARACTER SET utf8;

CREATE DATABASE IF NOT EXISTS `<%= name %>_test` DEFAULT CHARACTER SET utf8;
GRANT ALL PRIVILEGES ON `<%= name %>_test`.* TO <%= user %>@localhost IDENTIFIED BY '<%= password %>';
GRANT ALL PRIVILEGES ON `<%= name %>_test`.* TO <%= user %>@"%" IDENTIFIED BY '<%= password %>';
<% end %>

GRANT ALL PRIVILEGES ON `<%= name %>`.* TO <%= user %>@localhost IDENTIFIED BY '<%= password %>';
GRANT ALL PRIVILEGES ON `<%= name %>`.* TO <%= user %>@"%" IDENTIFIED BY '<%= password %>';
FLUSH PRIVILEGES;

localhost の場合のみ"CREATE DATABASE"を行っているのは、RDSだと勝手に作られるから。 あと、"_test"ってのを作ってるのも、ローカルでのみテストを行うから。 そのへんはプロジェクト・案件によって変わってくるのかなー、と。

で、MySQLはこんな感じで簡単に出来たんだけど、PostgreSQL が面倒だった。

  • "IF EXISTS"的なものが見つからない。
  • 同じようにSQLファイルを用意しても、エラーになってしまった。

というわけで、毎回コマンドを発行することに。

package 'postgresql-client-common' do
    action :upgrade
end

execute "create-role" do
    exists = <<-EOH
        su - postgres -c "psql -c\\"SELECT * FROM pg_user WHERE usename='#{node[:database][:user]}'\\" | grep -c #{node[:database][:user]}"
    EOH
    command <<-EOC
        su - postgres -c "psql -c\\"CREATE ROLE #{node[:database][:user]} WITH LOGIN PASSWORD '#{node[:database][:password]}';\\""
    EOC
    not_if exists 
end

execute "create-database" do
    exists = <<-EOH
        su - postgres -c "psql -c\\"SELECT * FROM pg_database WHERE datname = '#{node[:database][:name]}'\\" | grep -c #{node[:database][:name]}"
    EOH
    command <<-EOC
        su - postgres -c "psql -c\\"CREATE DATABASE #{node[:database][:name]} OWNER #{node[:database][:user]} ENCODING 'UTF8' LC_CTYPE 'en_US.UTF-8' LC_COLLATE 'en_US.UTF-8' TEMPLATE template0;\\""
        su - postgres -c "psql -d #{node[:database][:name]} -f /usr/share/postgresql/9.3/extension/postgis--2.1.2.sql"
    EOC
    not_if exists 
end

ちなみに、Vagrantfileにはパラメータを設定しておく。

chef.json = {
  :database => {
  #  :type => "mysql",
    :type => "postgresql",
    :host => "localhost",
    :name => "sample_db",
    :user => "web",
    :password => "password"
  }
}

入門Chef Solo - Infrastructure as Code

入門Chef Solo - Infrastructure as Code

chefで頑張って冪等性を確保する

packageリソースなどは、勝手に冪等になってくれるけど、executeとかは自分で冪等になるように書かないといけない。

特定の文字列を、ファイルの末尾に追記したい場合

例:/etc/resolv.conf に 'options single-request-reopen' を追加する。 二重に追加されないように not_if で制限する。

execute 'add single-request-reopen' do
    command "echo 'options single-request-reopen' >> /etc/resolv.conf"
    not_if "cat /etc/resolv.conf | grep 'options single-request-reopen'"
end

パスを通す場合

例:rbenvコマンドにパスを通す。 パスが通っている場合は not_if で制限する。

user = 'vagrant'
home_dir = "/home/#{user}"
execute 'export path' do
    not_if 'which rbenv'
    user user
    group user
    command <<-EOC
        echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> #{home_dir}/.bash_profile
        echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> #{home_dir}/.bash_profile
    EOC
end

とりあえず、このへんを知っておくと、たいていは冪等に書けるんじゃないかと。

久しぶりにiOSアプリをビルドしようとしたらエラー

ios

ビルドしようとしたら下記のエラー。

No architectures to compile for (ONLY_ACTIVE_ARCH=YES, active arch=x86_64, VALID_ARCHS=i386).

ググったら、こんなん http://stackoverflow.com/questions/22328882/xcode-5-1-no-architectures-to-compile-for-only-active-arch-yes-active-arch-x 出てきた。

なので、言われたとおり、

  • Xcode上でPodsプロジェクトを右クリック→Delete→Remove Reference
  • Xcodeを終了
  • コマンドラインから pod install
  • .xcworkspace を再度開く
  • Podsプロジェクトを選択し、Build Settings→Build Active Architecture Only をNOに (debugがYESになってた)
  • 同じく、自分のプロジェクトのBuild Active Architecture Only もNOに (debugがYESになってた)

したら、iOSシミュレータで動くようになった。よかった。

久しぶりにpod installしたらエラー

ios

rubyのバージョン変えてたので、まずはgemのインストール

gem install cocoapods
rbenv rehash

で、

pod install

すると、エラーが出てくる。 こんなの

Psych::SyntaxError - (/Users/〜〜〜/.cocoapods/repos/master/CocoaPods-version.yml): mapping values are not allowed in this context at line 3 column 4

ググったら、 https://github.com/CocoaPods/CocoaPods/issues/1853 こんなのが出てきたので、書いてあったコマンドを実行

rm -rf ~/.cocoapods/repos/master
pod setup

で、再度

pod install

すると正常に動いた模様。

Vagrantをprovisionしたときにディレクトリを作る

メモ:

ステージング・本番ではcapistranoでデプロイするけど、 ローカルのVagrantではそんなことしないので、 pidを格納するディレクトリが無くて困った。
(nginxで見に行く先を変えればいいけど、そんな部分のchefをいじるのも面倒。。。)

んで、Vagrantfileのsynced_folderとして、テキトーなディレクトリを指定したけど、 sockファイルを作ろうとして、エラーになった。

http://stackoverflow.com/questions/16388342/unicorn-fails-to-start-on-vagrant-box-due-to-errnoeperm
synced_folderしたディレクトリには作れないっぽい。

どうせなので、provision時のshellを使ってみた。

  $script = <<SCRIPT
mkdir -p /srv/web/shared/pids
chown vagrant:vagrant -R /srv/web/shared
SCRIPT
  config.vm.provision "shell", inline: $script

単純にmkdirすると、root権限で作られたので、chownでログインユーザのものに変更。

無事、sockファイルが作れて、nginx -> unicornでページが表示された。